• 新築住宅のメリットについて

    • 結婚や出産を機に自宅の建築を検討する人は多いです。その際新築住宅か中古住宅かで悩むことも多いですが、それぞれのメリットをしっかり把握することで判断材料とすることが可能です。
      新築住宅のメリットはなんといっても税制面でのメリットです。
      中古住宅であれば一定の条件を満たさなければ税制の優遇措置が受けられない場合がほとんどですが、新築住宅の場合はほぼ無条件で受けることが可能です。


      特に固定資産税などは今後数年に渡って優遇されるため、初期の費用を大幅に抑えることができ、生活が安定するまで負担が軽減されるのは大きな魅力です。
      また住宅ローン減税においても中古住宅に比べて優遇されており、長期優良住宅であれば控除額も非常に大きなものとなります。また万が一住宅の欠陥が見つかった場合、新築であれば10年間保障されます。


      この保証は供託金制度か保険制度のどちらかが義務付けられているため、欠陥が見つかった時に対応してくれないという事態を避けることも可能です。更に万が一手放す際にもワンオーナーであれば買取価格なども落ちることがないため、高額な価格で売却することも可能です。ただし注意したい点として、住宅の欠陥は特定の欠陥に限られる点や、購入時の費用は中古住宅に比べて大きなものとなるため、しっかりと今後の返済計画などについて考えておく必要があります。
      上記のポイントを注意し、しっかりと比較検討を行いながら物件を選ぶことが重要です。

















  • 関連リンク